なにわの地下鉄 トップページ車両 > このページ
車両
2016.12.02更新
改造「前照灯LED化」・車両履歴表を更新しました。
10A系 - 御堂筋線
10A系 <拡大可> 10系 <拡大可>
10A系/2007.08.08-桃山台 10A系/2008.12.20-なかもず
概要

 大阪市交通局10A系車両は、2007(平成19)年4月17日より御堂筋線で営業を開始した車両で、大阪市で唯一チョッパ制御車である10系車両がVVVF化して登場した車両であり、10系車両とは別形式扱いとなっている。

10A系の顔 <拡大可> 10系の車内設備の老朽化が目立ってきたことから、登場から19年経った1998(平成10)年度よりリニューアル改造を実施。2004年3月までに10系第05〜18編成がリニューアル改造を終えていた。しかし、2004(平成16)年3月より開始された20系車両の近鉄相直に伴う改造(ワンマン・高速化改造)により、10系車両のリニューアル改造が一時中断された。2006(平成18)年8月の20系車両のワンマン・高速化改造終了に伴い2006(平成18)年7月より10系リニューアル改造が再開され、2006(平成18)年以降の10系リニューアル改造にはVVVF化改造のメニューが追加された。これは、20系車両のワンマン・高速化改造の間、そのままチョッパ制御で残すよりVVVFインバータへ全面改造した方が低コストとなるという結論となったためである。このVVVF化改造は比較的新しい10系(量産後期車)を対象としており、既にリニューアル改造を行っていた10系第17・18編成も対象となった。

 VVVF化改造では、10系の6M4Tから10A系では5M5Tとなるなど大幅な改造が行われており、機器などは20系・新20系に準じた形となっている。車両形式は電機子チョッパ制御の10系と区別するため、VVVFの10系は末尾に“A”が付けられている。ただし車番変更はなく、そのままで営業に付いている。

10A系化第1号の23編成 <拡大可> 初のVVVF化改造となったのは第23編成である。23編成は、2006(平成18)年7月に運用を離脱。その後緑木検車場へ回送され、当時行っていたマルハンラッピング(マルハンT号)のまま2006(平成18)年7月下旬よりアルナ車両へ陸送された。2006(平成18)年11月にはアルナ車両の表に姿を現し、2006(平成18)年12月上旬に緑木検車場へ陸送され、定期検査・臨時検査を行ったうえで走行試験などを四つ橋線内で行い、2007(平成19)年3月9日には中百舌鳥検車場へ回送された。その後、乗務員習熟運転や各種試験を実施、北急にも車両の貸出を行い、夜間の走行で各種の試験を行った。そして2007(平成19)年4月17日に営業復帰を果たした。

 現在、10両編成10本の100両が御堂筋線・相互直通運転をしている北急南北線で活躍している。
改造中の第23編成(正面白線はまだない) <拡大可>
改造中の第23編成(正面白線はまだない)
営業復帰に向けて試運転を行う第23編成 <拡大可>
営業復帰に向けて試運転を行う第23編成
10系時代の第17編成と並ぶ第23編成 <拡大可>
10系時代の第17編成と並ぶ第23編成
リニューアル改造後にVVVF化された第18編成 <拡大可>
リニューアル改造後にVVVF化された第18編成
アルナ車両で改造中の第17編成 <拡大可>
アルナ車両で改造中の第17編成
日立のVFI-HR-2415E <拡大可>
日立のVFI-HR-2415E

 車体側面帯については、全車とも登場時は旧帯であったが、2004(平成16)年度より開始したリニューアル・VVVF化改造にて新帯に変更されている。なお10A系の新帯は10系と同じで、先頭部が斜めに切りあがった独特なものとなっている。
改造

前照灯LED化 【2015(平成27)年〜2016(平成28)年】
LED化された前照灯 <拡大可> 2015(平成27)年から、前照灯LED化が順次実施され、2016(平成28)年11月に全編成が完了した。色は白色ではなく、電球色となっている。
方向幕

 10A系については、登場時より新規追加および削除は行われていない。
登場時
-現行-
1
2 梅田
UMEDA
3 新金岡
SHINKANAOKA
4 なかもず
NAKAMOZU
5 千里中央
SENRI-CHUO
6 あびこ
ABIKO
7 中津
NAKATSU
8 天王寺
TENNOJI
9 新大阪
SHIN-OSAKA
10 江坂
ESAKA
11
12
13 回送
OUT OF SERVICE
14 試運転
OUT OF SERVICE
15 臨時
EXTRA
主要諸元表
形式 1100A 1000A 1900A 1300A 1200A 1600A 1700A 1400A 1500A 1800A
車種 Tec1 Ma1 Mb1 Tbp Ma1' T' T Ma2 Mb2 Tec2
車体構造 アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ
自重〔t〕 27.5 34.5 34.5 29.5 34.5 27.5 24.0 34.5 34.5 27.5
定員(座席定員)〔人〕 130(39) 140(45) 140(45) 140(45) 140(45) 140(45) 140(45) 140(45) 140(45) 130(39)
車体長〔mm〕 18,900 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,900
車体幅〔mm〕 2,890 2,880 2,880 2,880 2,880 2,880 2,880 2,880 2,880 2,890
車体高〔mm〕 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745
制御方式 回生ブレーキ付 VVVFインバータ制御
Insulated Gate Bipolar Transistor
制御装置 VFI-HR-2415E <日立>
不明 <三菱>
制御装置メーカー 日立
三菱
日立
三菱
日立
三菱
日立
三菱
日立
三菱
主電動機
●:HS-34533-04RB
  140kw 4個/両
駆動方式
●:WN平行カルダン駆動
  歯車比 103:14
連結装置
●:緑木型密着
○:半永久
電動発電機
●:TDK3346-A-M
集電装置
▼:TC-14A
  第三軌条上面接触式
制動装置 電気指令式ブレーキ OEC-3
(回生ブレーキ・保安ブレーキ・応荷重装置付)
台車形式 DS-10 (FS-386A)
最高速度 市交線内:70km/h 北急線内:70km/h
加速度 市交線内:3.0km/h/s 北急線内:3.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
集電方式/電圧 第三軌条集電方式 / 直流750V
走行路線 大阪市交通局御堂筋線(江坂〜なかもず)
北大阪急行電鉄南北線(千里中央〜江坂)
配置 中百舌鳥検車場
車両履歴表 ※( )内は竣工日から除く
編成表
〔←江坂 中百舌鳥→〕
竣工日 製造所 リニューアル
改造
VVVF化
改造
車体洗浄 前照灯
LED化
備考
出場日 改造所 出場日 改造所
1117-1017-1917-1317-1217=1617-(1717)-1417-1517-1817 1986.09.13 東急 2004.03.27 川重 2008.06.20 アルナ 2016.01
1118-1018-1918-1318-1218=1618-(1718)-1418-1518-1818 1986.09.24 東急 2003.11.26 川重 2008.03.04 アルナ 2015.07
1119-1019-1919-1319-1219=1619-(1719)-1419-1519-1819 1987.03.18 近車 2009.10.08 近車 2009.1008 近車 2016.01
1120-1020-1920-1320-1220=1620-(1720)-1420-1520-1820 1987.03.18 近車 2009.05.14 アルナ 2009.05.14 アルナ 未実施
1121-1021-1921-1321-1221=1621-(1721)-1421-1521-1821 1987.03.18 川重 2010.10.20 アルナ 2010.10.20 アルナ 未実施
1122-1022-1922-1322-1222=1622-(1722)-1422-1522-1822 1987.07.06 川重 2010.03.25 アルナ 2010.03.25 アルナ 2016.02
1123-1023-1923-1323-1223=1623-(1723)-1423-1523-1823 1988.06.24 近車 2007.03.12 アルナ 2007.03.12 アルナ 2015.05
1124-1024-1924-1324-1224=1624-(1724)-1424-1524-1824 1988.07.09 近車 2011.04.-- 近車 2011.04.-- 近車 未実施
1125-1025-1925-1325-1225=1625-(1725)-1425-1525-1825 1989.06.05 アルナ 2007.10.15 近車 2007.10.15 近車 未実施
1126-1026-1926-1326-1226=1626-(1726)-1426-1526-1826 1989.06.23 アルナ 2008.12.01 アルナ 2008.12.01 アルナ 未実施
著作権