なにわの地下鉄 トップページ車両 > このページ
車両
2016.11.10更新
車両履歴表を更新しました。
70系 - 長堀鶴見緑地線
70系前期車 <拡大可> 70系後期車 <拡大可>
70系前期車/2008.08.11-大正 70系/2006.08.07-大正
概要

 大阪市交通局70系車両は、1990(平成2)年3月開業の鶴見緑地線(現:長堀鶴見緑地線)用として開発された車両で、日本初のVVVFインバータ制御による鉄輪式リニアモーター地下鉄車両として誕生した。なお、浮上式ではなく鉄輪式であるため、浮上せず車輪で支持する。1991(平成3)年8月に鉄道友の会ローレル賞を受賞した。

元ロータリーモータ試験車の7113号車 <拡大可> 70系試作車は、1988(昭和63)年3月に日車・アルナ・近車で製造された。試作車は、財団法人地下鉄協会の大阪南港(大阪市住之江区)に敷設された試験線において、車両性能をはじめとする安全性・信頼性などの様々な試験を行った。試験結果は実用化に十分なものであったため、大阪市東部開発に伴う輸送需要の対応・1990(平成2)年に鶴見緑地で開催された国際花と緑の博覧会のアクセスとして建設された鶴見緑地線にを導入することになった。

 1990(平成2)年に前期車となる4両編成13本52両が製造された。1994(平成6)〜1997(平成9)年には心斎橋〜京橋間・大正〜心斎橋間・鶴見緑地〜門真南間開業用に、後期車となる4両編成12本48両が製造された。前期車と後期車は外観の塗装などの相違点が存在するので、容易に見分けることができる。また、長堀鶴見緑地線は全駅が島式ホームでの建設となったため、70系の運転台は右側となっている。

 2011(平成23)年からは、登場から20年が経過し始めた前期車の中間更新改造が始まっている。

 現在、4両編成25本の100両が長堀鶴見緑地線で活躍している。
臨時横堤行き <拡大可>
臨時横堤行き
臨時心斎橋行き <拡大可>
臨時心斎橋行き
可動式ホーム柵設置前の心斎橋駅で <拡大可>
可動式ホーム柵設置前の心斎橋駅で
試作車

 1988年(昭和63)年3月、財団法人地下鉄協会が実施する試験のため、試作車となるリニアモータ車を2両、ロータリーモータ車2両の計4両を新造した。試作車の外観は無塗装で、帯は萌黄色(黄緑色)の旧帯であったが、車体全長のもの(扉部を除く)で、先頭部分は下に折れていた。また、前頭腰部には萌黄色1色の塗装であった。試験が終わった試作車は、前期車に準じる再整備を行い、車番変更の上で製造元が同じ編成に組み込まれた。
リニアモータ試験車 ロータリーモータ試験車
車番変更前 7051 7151 7391 7691
車番変更後 7061 7161 7262 7113
外観

70系前期車 <拡大可> 車体は大型・中空形材アルミ合金製で、50系以来の全面塗装となっており、色はアイボリーホワイトである。全編成とも新造時よりスカートが取り付けられており、これは大阪市では初となる。

 車体側面は、ミニ地下鉄となっているため車体長は15mの片側3扉である。腰部には車体全長の帯が巻かれており、扉間には車外スピーカが設置されている。側面行先表示装置には大阪市初のLED(発光ダイオード)が使用され、前期車は赤1色表示、後期車は赤・緑の2色表示で、大正寄(7100形は門真南寄)に設置されている。側窓は、大阪市初の2連窓1枚下降式が採用された。

 車体前頭部は、腰部で折れたくの字形で、貫通口を車掌室いっぱいに寄せた非対照形となっているが、視覚的には左右対称に見えるように配慮されている。行先表示装置は、側面ではLEDが採用されたが正面では従来通り幕となっており、上部中央に設置。その両端に前照灯と尾灯が設置されている。車号は、貫通口窓下に設置された。腰部は前期車と後期車で違いがある。腰部は前期車がアイボリーホワイト、後期車が萌黄色で塗装されており、その左側に路線番号の「7」を変形したロゴマークが、前期車は萌黄色と萌葱色で、後期車はアイボリーホワイトと萌葱色で入れられている。また、後期車には新造時より貫通口の窓にリニアモータ車を現すLIMマークが新たに入った。後に、前期車にも同様なものが入れられた。
70系前期車正面腰部 <拡大可>
70系前期車正面腰部
70系後期車正面腰部 <拡大可>
70系後期車正面腰部
70系前期車正面車番 <拡大可>
70系前期車正面車番
70系後期車正面車番 <拡大可>
70系後期車正面車番
70系前期車側面帯先端部 <拡大可>
70系前期車側面帯先端部
70系後期車側面帯先端部 <拡大可>
70系後期車側面帯先端部
70系前期車のマルコマーク <拡大可>
70系前期車のマルコマーク
70系後期車のマルコマーク <拡大可>
70系後期車のマルコマーク
70系前期車側面行先表示装置(日本語) <拡大可>
70系前期車側面行先表示装置(日本語)
70系前期車側面行先表示装置(英語) <拡大可>
70系前期車側面行先表示装置(英語)
70系後期車側面行先表示装置(日本語) <拡大可>
70系後期車側面行先表示装置(日本語)
70系後期車側面行先表示装置(英語) <拡大可>
70系後期車側面行先表示装置(英語)
車内

70系車内旅客案内表示装置 <拡大可> 車内は、車両限界を最大限に利用するため床面より1.4mで内側に折れ曲がっており、車内蛍光灯にはグローブが取り付けられている。座席にはコイルバネ式を使用し、表地が橙色のモケット張りとなっており、前期車には花柄、後期車には区分柄が入った。また、扉間は5人掛け、車端部は4人掛けである。つり革は座席部のみで、扉部には設置されていない。床敷物は、前期車が茶色・クリーム色の2色、後期車は茶色1色となっている。扉窓は、第01〜17編成が1枚ガラス、第18〜25編成が複層ガラスとなっている。車内案内表示装置は全車が新造時より設置を完了しており、設置率は100%となっている。
70系前期車車内 <拡大可>
70系前期車車内
70系後期車車内 <拡大可>
70系後期車車内
70系前期車座席 <拡大可>
70系前期車座席
70系後期車座席 <拡大可>
70系後期車座席
70系前期車車椅子スペース <拡大可>
70系前期車車椅子スペース
70系後期車車椅子スペース <拡大可>
70系後期車車椅子スペース
台車

 台車は、リニアモータを台車で装架するLS-70(FS-537)を使用している。セルフステアリング機能を持っており、枕バネは空気バネ、車体荷重は側受2点支持である。なお、ブレーキ方式は1軸1ディスクブレーキである。
改造

ワンマン化改造 【1993(平成05)年〜1996(平成08)年】
 1996(平成08)年の京橋〜心斎橋間の開業に先立ち、1996(平成08)年04月よりワンマン運転を実施することになった。
すでに投入されていた初期車(第01〜13編成)はワンマン運転に対応していなかったため、ワンマン運転に対応するために順次改造行った。この改造と同時に、車椅子スペースの設置が行われた。

中間更新改造 【2011(平成23)年〜】
中間更新改造車 <拡大可> 製造から約20年が経過し車内設備の老朽化が目立つようになってきた。そこで、「人にやさしい市営交通」を目指すため、車内リフレッシュなどの中間更新改造を2011(平成23)年の第13編成より開始している。
 ▼主な改造内容
  *前頭部腰部の塗装変更
  *補助排障器(スカート)の塗装変更
  *側面帯のデザイン変更
  *側面に号車表示追加
  *マルコマークの設置
  *車体上部への帯追加
  *扉部分の塗装変更
  *側面行先表示器の3色LED化
  *制御装置の更新
  *床敷物の張替え
  *車内案内表示装置の更新
  *優先座席部つり革のオレンジ色化
  *照明のLED化(第09編成以降)
  *天井への手すり設置(第09編成以降)
  *車内乗務員室扉の変更(第02編成以降)
  *内装・外装デザイン変更(第05編成以降)
側面 <拡大可>
側面
側面帯デザイン変更に伴うマルコマーク撤去 <拡大可>
側面帯デザイン変更に伴うマルコマーク撤去
マルコマークの設置 <拡大可>
マルコマークの設置
中間更新改造前のマルコマーク(参考、前期車) <拡大可>
中間更新改造前のマルコマーク(参考、前期車)
車体上部への帯追加・側面行先表示器の3色LED化 <拡大可>
車体上部への帯追加・側面行先表示器の3色LED化
車内 <拡大可>
車内
車内 <拡大可>
車内案内表示装置
車内 <拡大可>
照明のLED化
車内 <拡大可>
天井への手すり設置
車内乗務員室扉の変更 <拡大可>
車内乗務員室扉の変更
方向幕

 70系については、路線の延伸に伴い変化してるが、不明なため現行のみを記載する。以前の方向幕には、「リニヤモーターカー」や、「EXPO90」・「花博会場前」の幕があったが、削除時期は不明。
門真南・大正延伸開業
-現行-
中間更新改造
-現行-
1
2 京橋
KYOBASHI
京橋
Kyobashi
3 鶴見緑地
TSURUMI-RYOKUCHI
鶴見緑地
Tsurumi-ryokuchi
4 横堤
YOKOZUTSUMI
横堤
Yokozutsumi
5
6
7 心斎橋
SHINSAIBASHI
心斎橋
Shinsaibashi
8 大正
TAISHO
大正
Taisho
9 門真南
KADOMA-MINAMI
門真南
Kadoma-minami
10
11
12 回送
OUT OF SERVICE
回送
Out of service
13 試運転
OUT OF SERVICE
試運転
Out of service
14 臨時
EXTRA
臨時
Extra
15
主要諸元表
形式 7100 7000 7200 7100
車種 M2c M1e M1e M2c
車体構造 アルミ アルミ アルミ アルミ
自重〔t〕 26.5 24.5 24.5 26.5
定員(座席定員)〔人〕 89(28) 101(38) 101(38) 89(28)
車体長〔mm〕 15,800 15,600 15,600 15,800
車体幅〔mm〕 2,490 2,490 2,490 2,490
車体高〔mm〕 3,120 3,115 3,115 3,120
制御方式 VVVFインバータ制御
制御装置 VF-HR-119 <日立GTO>
MAP-104-15V23 <三菱GTO>
INV-057-A0 <東芝GTO>
不明 <IGBT>(中間更新改造車)
制御装置メーカー
※中間更新改造車は不明
日立GTO
01〜03・11
13・14・21〜23

三菱GTO
04〜06・12・18〜20
24・25

東芝GTO
07〜10・15〜17
日立GTO
01〜03・11
13・14・21〜23

三菱GTO
04〜06・12・18〜20
24・25

東芝GTO
07〜10・15〜17
主電動機
●:100kw 2個/両
駆動方式
●:リニア
連結装置
●:鶴見型密着
○:半永久
電動発電機
●:SVH-120-464A
集電装置
▼:PT-7002-A
  シングルアームパンタグラフ
制動装置 OEC-4L 電気指令式ブレーキ
(回生ブレーキ・・保安ブレーキ・応荷重装置付)
台車形式 LS-70 (FS-537)
最高速度 70km/h
加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
集電方式/電圧 架空線集電方式 / 直流1500V
走行路線 大阪市交通局長堀鶴見緑地線(大正〜門真南)
配置 鶴見検車場
車両履歴表 ※( )内は竣工日から除く
編成表
〔←大正 門真南→〕
竣工日 製造所 試作車 ワンマン化改造 中間更新改造 内外装
変更車
竣工日 製造所 車番 車番変更 竣工日 改造所 出場日 改造所
7101-7251-7051-7151 1990.01.31 日車 1994.03.08 近車 入場中 大阪
7102-7252-7052-7152 1990.01.31 日車 1994.05.19 近車 2014.--.-- 大阪
7103-7253-7053-7153 1990.01.31 日車 1994.07.28 近車 2015.--.-- 大阪
7104-7254-7054-7154 1990.01.31 日車 1994.10.07 近車 2014.--.-- 大阪
7105-7255-7055-7155 1990.01.31 日車 1994.12.15 近車 2015.07.-- 大阪
7106-7256-7056-7156 1990.01.31 日車 1995.01.13 アルナ 2016.--.-- 大阪
7107-7257-7057-7157 1990.01.31 近車 1995.05.18 アルナ 2012.--.-- 大阪
7108-7258-7058-7158 1990.01.31 近車 1995.11.24 アルナ 2016.01.-- 大阪
7109-7259-7059-7159 1990.01.31 川重 1995.09.26 川重 2013.--.-- 大阪
7110-7260-7060-7160 1990.01.31 川重 1995.12.07 川重 2015.05.21 大阪
7111-7261-(7061-7161) 1990.01.31 日車 1988.03 日車 7051
7151
7051→7061
7151→7161
1996.02.29 川重 2012.--.-- 大阪
7112-(7262)-7062-7162 1990.01.31 アルナ 1988.03 アルナ 7391 7391→7262 1996.05.15 川重 2012.--.-- 大阪
(7113)-7263-7063-7163 1990.01.31 近車 1988.03 近車 7691 7691→7113 1993.12.16 近車 2011.--.-- 大阪
7114-7264-7064-7164 1994.09.26 近車 未改造
7115-7265-7065-7165 1995.05.25 近車 未改造
7116-7266-7066-7166 1995.06.20 近車 未改造
7117-7267-7067-7167 1995.07.06 近車 未改造
7118-7268-7068-7168 1996.04.01 近車 未改造
7119-7269-7069-7169 1996.04.02 近車 未改造
7120-7270-7070-7170 1996.04.24 近車 未改造
7121-7271-7071-7171 1996.05.31 アルナ 未改造
7122-7272-7072-7172 1996.06.24 アルナ 未改造
7123-7273-7073-7173 1996.07.26 アルナ 未改造
7124-7274-7074-7174 1997.02.14 近車 未改造
7125-7275-7075-7175 1997.02.27 近車 未改造
著作権