なにわの地下鉄 トップページ車両 > このページ
車両
2016.05.31更新
車両履歴表を更新しました。
8000形 - 北急南北線
8000形 <拡大可> 8000形 <拡大可>
8000形/2006.06.24-緑地公園 8000形/2008.03.26-新大阪
概要

運転開始20周年ステッカーを貼る第01編成 <拡大可> 北大阪急行電鉄8000形車両は、1986(昭和51)年7月1日から営業を開始した車両で、車両更新と開業当初からの2000形置き換え用に製造された。北の空に光を放ちながら方位の指針となっている北極星になぞられて「ポールスター(POLESTAR)」という愛称がついている。減速時回生ブレーキの回生失効速度が高くなっているのが特徴となっている。1987(昭和52)年にローレル賞を受賞した。

 8000形は8両編成(8000-8200-8300-8400-8600-8700-8800-8900)で登場したが、1993(平成5)年までに8100形が新造、これ以降に登場した編成は9両編成で新造され、9両編成が7編成が揃って2000形の置換えが完了した。その後、1995(平成7)年〜1996(平成8)年にかけて8600形が新造されて10両編成化を行い、現在に至る。

 登場から20年以上が経過し、機器の老朽化が目立ってきたことから、2012(平成24)年からは機器更新改造が開始、2012(平成24)年9月に第03編成が出場している。また、8000形の置き換え用として2014(平成26)年に9000形が登場し、2014(平成26)年7月の第02編成から廃車が始まっている。

 現在、10両編成4本の40両が北急南北線・相互直通運転をしている御堂筋線で活躍している。
桃山台車庫の8000形 <拡大可>
桃山台車庫の8000形
雪の中を走る第01編成 <拡大可>
雪の中を走る第01編成
淀屋橋駅に停車中の第03編成 <拡大可>
淀屋橋駅に停車中の第03編成
外観

8000形外観 <拡大可> 車体はアルミ製で、アイボリーに塗装されている。赤色と茶色の帯を巻いており、赤は相互直通運転先の御堂筋線、茶色は親会社の阪急電鉄の色となっている。

 車体側面は、御堂筋線に合わせた片側4扉で、上部に赤色、腰部に茶色の帯を巻いている。登場当時から側面に行先表示器を設置しており、利用客の利便性向上を図っている。

 車体前頭部は、貫通口を車掌室いっぱいに寄せて運転台正面窓を広くとった非対称形となっている。上部にはポールスターのロゴと、大型の行先表示器を設置しており、そのデザインは登場から20年以上経過しても古さを感じさせない洗練されたデザインとなっている。腰部の両端に前照灯・尾灯が設けられ、第三軌条路線では珍しく補助排障器が取り付けられている。
車内

8000形車内 <拡大可> 車内は、木目調の化粧板、ゴールデンオリーブ色の座席など、親会社の阪急電鉄を思わせるデザインで、通勤型車両では珍しく車内貫通扉は自動化されている。登場当初は化粧板に合うようにオレンジ色の座席であったが、後に更新されて現在のゴールデンオリーブ色となった。第06編成のみ、2002(平成14)年にドアチャイムの自動化・車内案内表示装置の設置が行われた。
8000形座席 <拡大可>
8000形座席
8000形車内案内表示装置 <拡大可>
8000形車内案内表示装置
運用

千里中央行き方向幕 <拡大可> 北急車の運用は原則として上りは千里中央行き、下りはなかもず行きのみの運用となっているが、1990(平成2)年11月5日の梅田駅新下り線使用開始日の午前7時まで新大阪・なんばで折返し運転をしていた影響で、北急車による新大阪行きを見る事ができた。またダイヤ乱れなどが発生すると、普段入らない運用に就くこともある。
増結

9両編成化
 御堂筋線あびこ〜なかもず間開業と御堂筋線輸送量増強工事が進展してきたことから、8両編成であった8000形を順次9両編成化していった。増結は8100形を新造し組み込み、8000-8100-8200-8300-8400-8600-8700-8800-8900の9両編成とした。

10両編成化
 御堂筋線輸送量増強工事の完成により、1995(平成7)年〜1996(平成8)年にかけて10両編成化を実施。増結は8600形を新造し組み込んでいるが、9両編成時に8600形であった車両は8500形に改番されている。
改造

警笛の変更 【1992(平成4)年】
 第05編成までは、登場時は10系同じ警笛を装備していたが、第06編成以降は現在の警笛に変更された。第01〜05編成も後に変更されている。

座席モケットの交換・加速性能の引き上げ
 登場当初の座席モケットは、車内の木目の化粧板と合うようなオレンジ色を採用していたが、現在はゴールデンオリーブ色のモケットを使用している。また、登場時の加速度は2.5km/h/sであったが、市交車と加速性能を合わせるため、3.0km/h/sに引き上げられた。

ドアチャイムの自動化・LED車内案内表示装置の設置 【2002(平成14)年】
 2002(平成14)年から、車内案内表示装置取り付けとドアチャイムの自動化が始まった。従来はドアを開閉するときにドアスイッチと連動して鳴る仕組みではなく、ドア操作とは別に車掌がボタンを押して鳴らすという仕組みであった。現在第06編成のみが完了している。

機器更新改造 【2012(平成24)年〜】
機器更新改造を行った第03編成 <拡大可> 登場から20年以上が経過しており、車両機器の老朽化が目立ってきたことから機器更新改造が2012(平成24)年の第03編成から始まった。あくまでも機器更新で、車内設備にはほぼ手が付けられていない。
 ▼主な改造内容
  *運転台機器の更新
  *制御装置の更新
  *前照灯のLED化(第03編成のみ)
  *車内床敷物ドア部分の黄色化

前照灯のLED化 【2012(平成24)年〜】
LED化された前照灯 <拡大可> 第03編成が機器更新改造で前照灯のLED化を行ったが、他の編成については機器更新改造を待たずに先行してLED化が行われた。なお機器更新改造でLED化を行った第03編成8903号車は、2013(平成25)年1月頃よりLEDの形状が変更されていたが、後に通常のものへ戻された。
8903号車の前照灯 <拡大可>
8903号車の前照灯
形状が変更された第03編成 <拡大可>
形状が変更された第03編成
方向幕

 過去は不明なため、掲載しないとする。
英語表記追加
-現行-
1 千里中央
SENRI-CHUO
2 桃山台
MOMOYAMADAI
3 江坂
ESAKA
4 新大阪
SHIN-OSAKA
5 中津
NAKATSU
6 天王寺
TENNOJI
7 あびこ
ABIKO
8 新金岡
SHINKANAOKA
9 なかもず
NAKAMOZU
10 回送
OUT OF SERVICE
11 試運転
OUT OF SERVICE
12
13 千里中央
SENRI-CHUO
14 あびこ
ABIKO
15 なかもず
NAKAMOZU
16 回送
OUT OF SERVICE
17
18
19
20
主要諸元表
形式 8000 8100 8200 8300 8400 8500 8600 8700 8800 8900
車種 Tc1 Mo TE M1 M2' TE' T M1 M2 Tc2
車体構造 アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ アルミ
自重〔t〕 26.6 35.4 27.1 35.4 34.0 27.1 27.1 35.4 34.0 26.4
定員(座席定員)〔人〕 120(39) 130(45) 130(45) 130(45) 130(45) 130(45) 130(45) 130(45) 130(45) 120(39)
車体長〔mm〕 18,900 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,700 18,900
車体幅〔mm〕 2,890 2,890 2,890 2,890 2,890 2,890 2,890 2,890 2,890 2,890
車体高〔mm〕 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745 3,745
制御方式 VVVFインバータ制御
制御装置メーカー 不明 <東芝GTO>
不明 <東芝IGBT>
主電動機
●:140kw 4個/両
駆動方式
●:WN平行カルダン駆動
  歯車比 103:14
連結装置
●:緑木型密着
○:半永久
制動装置 全電気指令式電磁直通ブレーキ HRDA-1
(回生ブレーキ・保安ブレーキ・応荷重装置付)
台車形式 M車:SS-106 T車:SS-006
営業最高速度 北急線内:70km/h 市交線内:70km/h
加速度 北急線内:3.0km/h/s 市交線内:3.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
集電方式/電圧 第三軌条集電方式 / 直流750V
走行路線 北大阪急行電鉄南北線(千里中央〜江坂)
大阪市交通局御堂筋線(江坂〜なかもず)
配置 桃山台車庫
車両履歴表
灰色 = 廃車

編成表
〔←千里中央 江坂→〕
製造所 車内案内
表示装置
前照灯
LED化
機器更新改造 廃車 備考
出場日 改造所
8001-8101-8201-8301-8401=8501-8601-8701-8801-8901 アルナ 2016.04.-- 8001号車は保存
8002-8102-8202-8302-8402=8502-8602-8702-8802-8902 アルナ 2014.07.--
8003-8103-8203-8303-8403=8503-8603-8703-8803-8903 アルナ 2012.09.-- 桃山台
8004-8104-8204-8304-8404=8504-8604-8704-8804-8904 アルナ 2015.02.--
8005-8105-8205-8305-8405=8505-8605-8705-8805-8905 アルナ 未改造
8006-8106-8206-8306-8406=8506-8606-8706-8806-8906 アルナ 2015.06.-- 桃山台
8007-8107-8207-8307-8407=8507-8607-8707-8807-8907 アルナ 2014.08.-- 桃山台
著作権