なにわの地下鉄 トップページ運用表 > このページ
運用表
2014.06.01更新
新規公開しました。
運番とは

 運番とは運行番号の略で、その編成の一日の行程を表します。
運番は、基本的に出庫が早い順に01・02…と付けられます。2列車が同じ時分で重なる場合は秒で考えます。
なお、運行番号は路線によって異なる場合もあります。試運転などの不定期列車につきましては、これとは別の運番が付けられています。
運用表の見方

例
運用表の見方
 ○=出庫、△=入庫、黒線=営業列車、赤線=回送列車、それ以外の色は特記しています。始発・終着駅の時刻は発時刻・着時刻を表します。
途中駅の時刻(例の場合、新大阪駅の「4:40-4:48」)は、長時間停車する場合に記載しており、「着時刻-発時刻」となります。なお、阪急線内の長時間停車は記載していませんのでご注意ください。

平日01
 平日ダイヤの運番01という意味です。
土休日ダイヤの運番01の場合、「土休日01」となります。

出庫 大国町4番線(4RT)
 運用が始まる場所を記載しています。
この場合、大国町4番線から始まることになり、大国町4番線に夜間留置されていたということになります。
夜間留置場所は基本形態での留置を記載しています。

入庫 中百舌鳥検車場
 運用が終わる場所を記載しています。
この場合、最終的に中百舌鳥検車場に入庫することになります。
夜間留置場所は基本形態での留置を記載しています。

記事
 前日運用・翌日運用は、前日・翌日の運用を記載しています。
この場合、平日運番01の運用車両は、前日が平日なら運番25、土休日なら運番32の運用だったことになります。
その他、必要事項を記載しています。
著作権